ここから本文です

重罪のトルコ代表MFアルダに懲役2年8カ月の有罪判決! クラブからは多額の罰金処分

9/12(木) 0:00配信

超WORLDサッカー!

バルセロナからのレンタル移籍でイスタンブール・バシャクシェヒルに在籍しているトルコ代表MFアルダ・トゥランが、傷害やセクシャルハラスメント、銃器不法所持の容疑で2年8カ月の懲役刑を言い渡されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

アルダは、2018年10月にイスタンブールのナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレム・アダさんにアプローチをかけると、これをきっかけに言い争いとなったベルカイ氏に暴行を加え、鼻を骨折させた。

また、アルダはベルカイ氏が搬送された病院に銃を持って乗り込み、パニックを引き起こしていた。

当初は12年6カ月の懲役刑を求刑されていたアルダだが、2年8カ月の懲役刑に減刑された。また、今回の判決では5年間の執行猶予がつき、収監も免れる事となる。

なお、この件を重く受け止めているバシャクシェヒルは、今回の判決を受けて保留としていた250万リラ(約4700万円)の罰金をアルダに請求することを決めた。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/12(木) 0:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事