ここから本文です

広島の城福監督が初受賞! J2は柏のネルシーニョ監督、J3は群馬の布監督《月間優秀監督賞》

9/12(木) 19:01配信

超WORLDサッカー!

Jリーグは12日、8月度の「月間優秀監督賞」として、J1ではサンフレッチェ広島の城福浩監督、J2では柏レイソルのネルシーニョ監督、J3リーグではザスパクサツ群馬の布啓一郎監督を選出した。

同賞は各月のリーグ戦を対象に最も優れた指揮をした監督を表彰する賞。Jリーグの成績などをもとに選考委員が選出する。なお、「月間優秀監督賞」を受賞した監督は12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「優秀監督賞」にノミネートされる。

城福監督は、8月の5試合で3勝2分け。城福監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆城福浩(サンフレッチェ広島)
「8月のJ1月間優秀監督賞に選出され、大変光栄に思います。今回は選手の頑張り、スタッフの協力、そしてサポーターの大きな後押しがあってこその受賞だと思っています。ここから先のリーグ戦ではチームとしてここまで積み上げてきたものをさらに研ぎ澄まし、チームとしての成果が得られるようにさらに努力していきたいと思います」

◆原博実委員
「8月を3勝2分。そして11試合無敗の記録を作った。バランスの良さ、チームの一体感。何より守備が安定。8月5試合で1失点は素晴らしい」

◆福西崇史委員
「負けなしで、手堅いサッカーを発揮」

◆柱谷幸一委員
「月間で勝ち点11。堅い守備でチームを勝利に導いた」

◆北條聡委員
「隙のない戦いで無敗街道まっしぐら。若返り、用兵術も見事。首位東京にも土」

◆寺嶋朋也委員
「堅守を武器に夏を無敗で駆け抜けた。競争の中で森島司や荒木隼人らの力を伸ばし、主力として定着してきている」

ネルシーニョ監督は8月の5試合で4勝1分け。ネルシーニョ監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆ネルシーニョ監督(柏レイソル)
「まず、この賞をいただけたことを大変嬉しく思います。ただ、この賞は自分一人で勝ち得たものではなく、選手たちはもちろん、フィジカルやメディカルなどのチームスタッフ、みんなで分かち合いたい。彼らのサポートなくして、8月にこれほどの勝点を積み上げることはできなかったし、彼らの仕事があっての受賞だと思います。ただ、8月は結果だけをみれば、連勝して勝点を積み上げることができたが、これまで同様に1試合1試合を決勝戦のつもりで戦っていくことを選手たちにも言及しているし、今シーズン最後までその姿勢を貫いていくことが、我々の目標に到達するための最短の近道だと思っています」

◆原博実委員
「8月を4勝1分、新潟に引き分けるまで11連勝。クリスティアーノ、オルンガ、江坂、瀬川、ヒシャルジソンの攻撃力はJ1でも通用するレベル。J2で頭一つ抜けた状態に」

◆福西崇史委員
「負けなしで、攻撃力発揮」

◆柱谷幸一委員
「破竹の連勝で独走態勢を築いた」

◆北條聡委員
「傭兵たちを上手に束ね、独走を演出。油断を退ける妥協のない姿勢を貫いた」

◆寺嶋朋也委員
「ブラジル人選手をうまく働かせる手腕はさすが。チームを軌道に乗せて首位を走っている」
布監督は、8月3試合3連勝を飾り首位浮上。布監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆布啓一郎監督(ザスパクサツ群馬)
「月間優秀監督賞をいただいた事を大変光栄に思います。しかしこの賞は私個人ではなく、コーチングスタッフ、選手、トレーナー、マネージャーなど、チームが一丸となって戦った結果であり、チームに関わる全ての方々に感謝したいと思います。今後は更に精進を重ねて、個人として、またチームとしてのレベルアップを目指します。そして目の前のゲームを全力で戦い、ザスパサポーターの皆様と共に喜び合えるゲームを創り出して行きたいと思っています。今後もザスパクサツ群馬へのご声援をよろしくお願い致します」

◆原博実委員
「8月3連勝は文句なし。ストライカー高澤を中心に、右サイドバック吉田からの攻撃は迫力あり。90分に追いつき、アディショナルタイムに勝ち越した長野戦。粘り強いチームに成長している」

◆福西崇史委員
「きっちり3連勝」

◆柱谷幸一委員
「月間最多勝ち点。劇的な勝利でチームを首位に導いた」

◆北條聡委員
「3連勝で首位浮上。人選、陣形の最適解を見出し、粘り強いチームをつくった」

◆北條聡委員
「シーズン序盤は苦戦したが、大卒ルーキー選手を抜擢するなどしながらチームを固め、攻撃力を武器にこの夏で一気に勢いに乗せた」

超WORLDサッカー!

最終更新:9/12(木) 19:01
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事