ここから本文です

フェラーリF1、新PUと空力パッケージ向上で勝利達成も、シーズン終盤戦を楽観せず

9/12(木) 8:45配信

オートスポーツweb

 フェラーリF1は、シャルル・ルクレールによりベルギーGPとイタリアGPを制したが、シーズン残りの7戦すべてで優位に立つことはできそうにないと、チーム代表マッティア・ビノットは考えている。

2019年F1第14戦イタリアGPで勝利したシャルル・ルクレール

 フェラーリはスパ・フランコルシャンやモンツァのような、高速で低ダウンフォースのコースでは優れたパフォーマンスを発揮してきた。

「こうしたコースで競争力があるだろうことは分かっていたが、それは当然というわけではない」とビノット代表は語った。

「パワーの影響を受けやすく、ストレートが多いコースであることが我々にとって重要だった。シーズン前半ではチャンスを逃していたので、ひとつのチャンスも逃すまいと考えていた。マシンの強みを生かすことができたという事実に、我々は非常に満足している」

 フェラーリはモンツァで新バージョンのパワーユニットを使用した。
「新しいエンジンはモンツァで助けになった」とビノットは言う。

「だが次戦(シンガポールGP)のように、エンジンの重要度がそれほど高くないコースもある」

「とはいえ(モンツァで)我々が感謝すべきはエンジンだけではない。新しいパワーユニットはストレートでのスピードと強さを与えてくれた。しかし空力部門においても改善があり、ベルギーとここ(イタリア)で投入した低ダウンフォースのパッケージは、高速域で優れたパフォーマンスを発揮した」

「ストレートで見られたスピードがエンジンによるものだけでないのは明らかで、我々が開発した空力パッケージも効果を発揮していたのだ」

 次のグランプリはシンガポールの市街地コースで行われるが、ここはフェラーリが苦戦しがちな高ダウンフォースのコースだ。さらにその後も、フェラーリが競争力を発揮できない可能性のあるサーキットがある。

「これからのレースは、シーズン序盤のような状況になる可能性があると考えている」とビノットは認めた。

 フェラーリはシーズン前半のドイツGP、カナダGP、バーレーンGPでは速さを見せていたため、同様に競争力を発揮できるコースがシーズン終盤にもあることを期待している。

「しかしマシンの弱点のために、勝利のチャンスを掴むことができないコースがあるだろう」とビノットは語った。

「だがそれがどのコースになるかを推測するのは難しい。マシンの理解を深めつつあるので、開発を続けていくことと、どこであろうとドライバーたちに最高のチャンスを与えることが重要だと考えている」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/12(木) 8:47
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事