ここから本文です

【MLB】大谷翔平、183キロ自己最速弾でメジャー通算40号 「引っ張っているので速度が出るのは普通」

9/12(木) 13:10配信

Full-Count

第3打席で4試合ぶりとなる18号ソロ、自己最速となる打球速度183キロをマーク

■インディアンス 4-3 エンゼルス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のインディアンス戦で「3番・指名打者」でスタメン出場。第3打席で4試合ぶりとなる18号ソロを放つなど5打数1安打1打点。メジャー通算40号は自己最速の打球速度114マイル(約183キロ)だった。

【動画】大谷が放った弾丸ライナーは瞬く間に右翼席へ飛び込む驚愕の一発、打球速度は自己最速の183キロをマーク

 4試合ぶりの一発は瞬く間に右翼スタンドに消えていった。3点を追う5回。1死走者なしから84.2マイル(約136キロ)のスライダーを完璧に捉えた打球は自己最速となる打球速度114マイル(約183キロ)をマークする18号ソロとなった。この一発でメジャー通算40号をマークし昨季を超える62打点とした。

 キャリア最速となる打球速度183キロの弾丸アーチで米通算40号を記録した大谷は「その前の真っすぐも見えてましたし、外きて内きてという配球でしたが良い所に打てたんじゃないかなと。引っ張っているので速度が出るのは普通じゃないかなと。ああいう打球もしっかり打てるなら幅も広がる」と振り返った。

 4試合ぶりのアーチで復調の気配を見せたが「スイング自体はシーズンの中でもいいんじゃないかなと思う。打てている、振れているというのはいい。それがヒットにつながるかどうかが大事。そこはもう一つ考えないといけない」と語っていた。

盆子原浩二 / Koji Bonkobara

最終更新:9/12(木) 13:23
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事