ここから本文です

コマツオープン開幕

9/12(木) 15:10配信

北國新聞社

 ゴルフのPGAシニアツアー今季第10戦「コマツオープン2019」(コマツ主催、公益社団法人日本プロゴルフ協会主管、北國新聞社、テレビ金沢など後援)は12日、小松市木場町の小松CC(6917ヤード、パー72)で3日間にわたる熱戦の幕を開けた。

 13回目の戦いには、この日が50歳の誕生日でシニアデビュー戦となる丸山茂樹、地元小松市出身でシニアツアー参戦3年目の川岸良兼をはじめ、倉本昌弘、尾崎健夫、直道兄弟らプロ69選手、アマチュア3選手が出場した。

 秋晴れに恵まれ、朝早くから詰め掛けた多くのギャラリーは国内ツアー10勝、米国ツアー3勝を誇る丸山に「誕生日おめでとう」、昨年2位の川岸に「頑張れよ」の声を送り、各ホールで熟練の技に歓声を上げた。

 コマツオープンはコマツが1990年から支援してきたシニアツアーの発展を願い、12年前に主催競技会としてコマツ発祥の地である小松市で始めた。

 賞金総額は6千万円(優勝1200万円)、予選カットなしの54ホールズストロークプレーで争われる。当日入場料は1500円、65歳以上と高校生以下は無料となっている。

北國新聞社

最終更新:9/12(木) 15:10
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事