ここから本文です

PSGのポグバ獲得は目前だった? ネイマールの放出が完了せず破談に

9/12(木) 12:09配信

SOCCER KING

 パリ・サンジェルマン(PSG)は今夏、マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバの獲得に近づいていたようだ。11日、イギリス紙『サン』がイタリア紙『Tuttosport』を引用して報じた。

 報道によると、PSGはポグバの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と年俸2500万ユーロ(約30億円)の契約で個人合意に至っており、マンチェスター・Uとも移籍金1億5000万ユーロ(約179億円)の支払いで口頭合意していたという。

 しかし、“ビッグディール”はあと一歩のところで成立せず。PSGは移籍市場の期限までにブラジル代表FWネイマールをバルセロナへと移籍させることができなかったため、ポグバ獲得に必要な移籍金を用意できなかったようだ。

 また、『サン』は今夏のポグバ移籍が成立しなかった他の理由として、マンチェスター・Uと同選手のサプライヤーである『アディダス』の影響力があったとも指摘している。

 ポグバの獲得にレアル・マドリードやユヴェントスも関心を示す中、マンチェスター・Uは同選手に大型契約を提示して慰留に努めるようだ。しかしながら、本人は1月の移籍市場での退団を考えている模様で、バルセロナのアルゼンチン代表リオネル・メッシからスペイン移籍についてのアドバイスをもらったとも伝えられている。

SOCCER KING

最終更新:9/12(木) 12:10
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事