ここから本文です

前澤友作氏ZOZO社長退任 ヤフー傘下入りで決断

9/12(木) 8:35配信

日刊スポーツ

ZOZOTOWNを運営するZOZOの前澤友作社長(43)が辞任することが12日、分かった。自身のツイッターで明かした。国内最大級のファッション通販サイトZOZOがヤフーの傘下に入ることで退任を決めた。

【写真】剛力彩芽、再開インスタに前澤社長の昼寝写真アップ

ZOZOはヤフーからTOB=株式の公開買い付けに関して、創業者で35%の株を保有する前澤氏も賛同し傘下に入ることを決断。ヤフーとの連携でさらに大きな集客が見込め、企業価値が上がると判断した。さらにヤフー経由でソフトバンクのPayPayユーザーもZOZOTOWNに誘導する狙いもある。

前澤氏は今後、世界初の民間月旅行計画など、独特のロマンを求めた事業を展開していきそうだ。さらに交際中の女優剛力彩芽(27)の反応も注目される。

以下ツイッター原文まま

「先ほど適時開示しましたが、ヤフーさんとZOZOは資本業務提携することとなりました。また、このタイミングで僕は代表取締役を辞任し、新社長に今後のZOZOを託し、僕自身は新たな道へ進みます。詳しくは本日17:30からの記者会見でお話しさせてください。」

最終更新:9/12(木) 16:38
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事