ここから本文です

前澤友作氏ZOZO社長辞任「新たな道へ」午後会見

9/12(木) 8:42配信

日刊スポーツ

ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する、ZOZOの前澤友作社長(43)が12日、ツイッターを更新し、同日付で代表取締役ならびに取締役を辞任すると発表した。ZOZOは、インターネット業界大手のYahoo!による株式公開買い付け(TOB)に応じ、資本業務提携する。後任には取締役の澤田宏太郎氏(48)が就任する。前澤氏はファウンダー(創業者)として、今後も同社の一定のイベントには参加するという。

【写真】前澤氏と元交際相手の自撮りラブショット

前澤氏は午前8時35分、ツイッターで「先ほど適時開示しましたが、ヤフーさんとZOZOは資本業務提携することとなりました。また、このタイミングで僕は代表取締役を辞任し、新社長に今後のZOZOを託し、僕自身は新たな道へ進みます。詳しくは本日17:30からの記者会見でお話しさせてください」と会見を開くことを明らかにした。

前澤氏は1975年(昭50)千葉県出身で、早実高在学中の93年にインディーズバンド「Switch Style」を結成し、ドラムを担当。その活動の傍ら、95年に輸入レコードとCDの販売を開始。当初はカタログ通販だったが、インターネット通販に移行し98年にスタートトゥデイを設立した。Switch Styleは00年にメジャーデビューも果たしていたが、01年に活動を休止して経営に専念。07年にマザーズ、12年には東証1部に上場した。

その後は、さまざまな活動、動きで話題を呼んだ。18年4月に女優剛力彩芽(27)との交際が一部で報じられ、交際を表明。同7月には「『大きな願望』としてプロ野球球団を持ちたい」とプロ野球界参入と球団経営への意欲をツイッターで表明も、同12月に断念すると表明。同9月には米宇宙ベンチャー「スペースX」が23年に予定している月周回飛行の初の契約者となり民間人としては初の月旅行者となることも発表し、話題となった。19年1月にはツイッターで、フォロワー100人に100万円をプレゼントする総額1億円のお年玉キャンペーンを展開し、リツイート数は当時の世界記録355万回を大きく超える554万回の新記録を達成した。

一方で、同1月31日に19年3月期の連結純利益が、280億円としていた当初の見通しから大幅な下方修正となる、前年比12%減の178億円になると発表。07年の上場以来初の減益決算の見込みとなった。2月7日には「しばらくツイッターはお休みさせてください」「本業に集中します」と当面、ツイッターを休止すると発表。業績悪化の要因として、ツイッターで無料配布したスーツで採寸することで店舗に行かずオーダーメードのスーツを作ることが出来る「ZOZOスーツ」の失敗を挙げた。

前澤氏が午後の会見で、今後について何を語るか注目される。

最終更新:9/12(木) 21:18
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事