ここから本文です

少林寺拳法全国中学生大会女子 大原さん(新居浜泉川中)が単独演武V

9/12(木) 9:12配信

愛媛新聞ONLINE

 第13回全国中学生少林寺拳法大会(少林寺拳法連盟など主催)がこのほど、香川県善通寺市であり、女子単独演武の部で、新居浜市泉川中学校3年の大原爽乃さん(15)が優勝した。出場した約130人の頂点に立ち「家族やお世話になった方々に、最高の形で恩返しできた」と胸を張った。
 予選と準決勝で徐々に得点を伸ばし、決勝はさらに良い得点で頂点に立った。1年生の時は予選落ちだったが2年生では11位となり、確実に力を付けてきた。新居浜瀬戸道院の原英彦道院長(66)は「精神的に強くなり、声の出し方もよかった」と手放しで褒めた。
 2人一組の組演武に出場していた友達が数年前に競技を離れたため、単独演武を磨いてきた。全国大会でも光った「声」は、相手がまるで存在しているかのように、しっかりイメージして気合をみせることを意識した。コートに立った瞬間から高い集中力を発揮し「うそだと思われるかもしれないけど、周囲の音は全く聞こえなかった」と話す。

愛媛新聞社

最終更新:9/12(木) 9:12
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事