ここから本文です

「C・ロナウド、メッシに匹敵」過去10年間のリバプール“No.1補強”は誰?

9/12(木) 7:25配信

ゲキサカ

 リバプールは近年、移籍市場で多くの成功をおさめている。地元紙『リバプール・エコー』は、2010年以降に獲得した選手のトップ10を発表。1位には2017年夏にローマから加入したエジプト代表FWモハメド・サラーが選出された。

 昨季、念願のUEFAチャンピオンズリーグを制したリバプール。以前は補強した選手が期待外れに終わることも多かったが、特に2015年10月に就任したユルゲン・クロップ監督のもとでは、新戦力が期待通りの活躍をみせており、補強が成功したケースが多い。

 同紙は、ここ10年での最高の補強選手にサラーを挙げている。2017年夏にローマから3400万ポンド(約45億2100万円)で加入したサラーは、ここまでプレミアリーグで78試合に出場し、57ゴール19アシストを記録。2年連続得点王に輝いており、「サラーの成果は誰も期待していなかった。クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシに匹敵する数字だ」と同紙は称えている。

 2位には昨季のUEFA男子最優秀選手賞を受賞したオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイク、3位には絶対的守護神のブラジル代表GKアリソン・ベッカーと、守備の2選手が上位にランクイン。また、トップ10にはウルグアイ代表FWルイス・スアレス(バルセロナ)とブラジル代表MFコウチーニョ(バイエルン)を除いて現在も所属している選手たちが並んだ。

▼1位:モハメド・サラー
(ローマ/3400万ポンド/2017)

▼2位:フィルヒル・ファン・ダイク
(サウサンプトン/7500万ポンド/2018)

▼3位:アリソン・ベッカー
(ローマ/6700万ポンド/2018)

▼4位:ロベルト・フィルミーノ
(ホッフェンハイム/2900万ポンド/2015)

▼5位:ルイス・スアレス
(アヤックス/2300万ポンド/2011)

▼6位:サディオ・マネ
(サウサンプトン/3400万ポンド/2016)

▼7位:アンドリュー・ロバートソン
(ハル・シティ/800万ポンド/2018)

▼8位:コウチーニョ
(インテル/800万ポンド/2013)

▼9位:ジェームス・ミルナー
(フリートランスファー/2015)

▼10位:ジョーダン・ヘンダーソン
(サンダーランド/2000万ポンド/2011)

最終更新:9/12(木) 7:25
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事