ここから本文です

新旧が共存するホテルオークラの不易流行-新ブランドできょう開業

9/12(木) 14:01配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 老朽化のため開業から53年の歴史に幕を閉じて2015年に建て替え工事が始まったホテルオークラ東京本館。約1100億円を投じて跡地に完成した「オークラ東京」が12日に開業した。ジャパニーズ・モダンの傑作として取り壊しの反対運動まで起きたオークラが進めたのは、新しい建物の中に旧本館ロビーを再現するという不易流行の取り組みだった。

総支配人の梅原真次氏はブルームバーグのインタビューで、「一番のこだわりはロビーをどう再現するかだった」と話した。15年8月末にホテルの営業を終えてから解体を開始するまでの1カ月間にロビーの採寸や凝らされた意匠の工法、注ぎ込む光の量やロビー内の音の響き方などを調査し、すべて再現した。

ロビーの雰囲気を構成する重要な要素となっているつり下げ式照明「オークラ・ランターン」も、デザインはそのままに電球を白熱球からLEDライトに変更した。電球が変わっても光の風合いや雰囲気が変わらないよう試行錯誤したという。

建築家には旧本館ロビーの設計を担当した谷口吉郎氏の長男、谷口吉生氏を起用。同氏はニューヨーク近代美術館や銀座の大型複合施設「GINZA SIX(銀座シックス)」を設計したことでも知られている。

梅原氏は学生時代に、ジョン・レノンも通ったバー「ハイランダー」でアルバイトを経験。その後、ベルボーイとしてオークラでのホテルマン・キャリアをスタートさせた。建て替え計画では、ロビーを再現しつつ50年超の間に厳格化された法令をどうクリアするかが「非常に難しかった」と振り返った。

米国大使館に隣接するオークラには、建て替え中に就任したトランプ大統領を除く旧本館開業後に就任したすべての米国大統領が宿泊した。英国の故サッチャー元首相や米アップルの共同創業者兼前最高経営責任者の故スティーブ・ジョブス氏なども利用した。各界の著名人に愛されたオークラの建て替えを巡っては国内外で反対運動が起きた。

1/3ページ

最終更新:9/12(木) 14:01
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事