ここから本文です

トランプ大統領が求めた赤字ファイナンス目的の利下げ、惨事招く恐れ

9/12(木) 15:23配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): トランプ米大統領が11日、米政府債務の利払いコスト引き下げ策の一環として、政策金利を「ゼロかそれ以下」に引き下げるよう金融当局にツイートで催促したのに対し、早速懐疑的な声が上がった。

米連邦準備制度理事会(FRB)のエコノミストを務めた経歴を持ち、現在はコーナーストーン・マクロのパートナーであるロベルト・ペルリ氏は「それは惨事を招く行為だ」と指摘。「中央銀行が制約のないまま財政赤字をファイナンスし始めれば、金利が最終的に低水準にとどまるはずはない。ジンバブエのケースを見れば明白だ」と語った。

連邦準備制度のような独立した中銀が、その国・地域の赤字穴埋めコストを管理するために金利を設定しようとすることはない。経済全体にとって最善と判断するものに基づいて借り入れコストを調整するのが本来の在り方だ。米国の場合、最大限の雇用とインフレ抑制という、議会が定めた特定の目標に沿って、政策金利を設定する必要がある。

利払いコストが米財政赤字の有意な部分を占めるとともに、赤字が懸念すべきようなペースで拡大する見通しであるのは確かだ。金利低下はこうした負担の軽減につながる。さらに、世界中で最も安全な投資先であるはずの米国債利回りが、日本はおろかギリシャのような国々の利回りより高いのはなぜかという疑問が生じても当然だろう。

大統領の突然の要求は、失業率が50年ぶりの低水準近辺で、鈍化しつつも景気拡大が続く中にあって、米金融当局が政策金利を2ポイント引き下げてゼロにしろというものだ。

しかし、グラント・ソーントンのチーフエコノミスト、ダイアン・スウォンク氏は「金融当局が実際にそのようなことをすれば、これまで考えられていたよりも状況は悪いのかと市場は思案せざるを得ないだろう」とコメント。「それはリセッション(景気後退)を引き起こしかねない」と話した。

赤字ファイナンスのコストが下がれば、しばらくの間は素晴らしいことかもしれない。だが、それが金利をあまりにも長い期間、超低水準に設定することを意味するのであれば、金融バブルやインフレ高進を招いて、その帰結は悲惨なものとなる。

原題:Trump’s Latest Tweet on Fed, U.S. Debt Is ‘Recipe for Disaster’(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Christopher Condon

最終更新:9/12(木) 15:23
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事