ここから本文です

新城幸也は序盤動くも逃げは決まらず 翌日は横風予報「また厳しいステージに」

9/13(金) 8:44配信

Cyclist

 新城幸也(バーレーン・メリダ)は9月12日、ブエルタ・ア・エスパーニャの第18ステージを149位でフィニッシュした。個人総合成績では133位となっている。

 第18ステージは177.5kmの中で1級山岳を4つ越えるという、厳しい上りのコースが設定された。
 「今日のステージは2015年に出場した時とスタートゴールが違うだけで、4つの1級カテゴリーは知っている道だった。2015年は逃げ乗ったので鮮明に覚えていて、当時ステージ優勝したのはメリダバイクだった(笑)。逃げ切る可能性が大きなステージなので、ディラン(トゥーンス)、マーク(パデュン)、ヘイマン(ペーンシュタイナー)を含む逃げに誰かがサポートとして入るのが目的だった」
 新城は序盤から逃げを狙って積極的に攻撃に加わったが、前日に大きな逃げが決まってしまったこともあり、なかなか逃げは容認されず、逃げ集団の形成は上りに入ってからとなった。
 「20㎞地点から1級山岳が始まるので、それまでに逃げが出来れば自分にチャンスがあったが、今年ブエルタはたくさんのステージで上りで逃げが決まる事が多いというか、今年はスタートから上り始めのステージばかり…今日も逃げる事はできなかった。グルペットで1日過ごしたが、脚の状態は良かった。ただ、逃げに脚を使っていて、上り口でペースの上がった集団に追い着かれたタイミングが最悪だった」

 この日のレースは総合上位の有力勢の争いが活性化。集団は大きく割れ、新城はスプリンター勢と同じ集団、先頭から27分37秒遅れのほぼ最終となるグループ内でゴールした。
 翌19ステージは序盤の3級山岳以降は下りと平坦基調で構成され、定石であればスプリンターのための1日となるが、新城は「明日もまた厳しいステージになりそうだ」と警戒する。
 「予報は強い横風がほぼ一日中(苦笑)。昨日(第17ステージ)の再来かな?逃げに総合関係者がいなければ、穏やかなステージになるかもしれないが、スプリントしたいチームもあるし。昨日同様にプロフィール上は簡単なステージだけど、休めるステージではないのは確かだね!」
 大会は残すところあと3ステージと終盤に入っているが、クライマックスに向けて厳しいステージが続く。

  

最終更新:9/14(土) 9:51
Cyclist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事