ここから本文です

史上最速4ドアEVの称号奪還へ…テスラ、ポルシェに対抗しニュル挑戦

9/13(金) 8:00配信

レスポンス

2019年8月、ポルシェ『タイカン』がニュルブルクリンク北コースで4ドアEV最速記録を更新。これに負けじと、テスラの元祖高性能4ドアEV『モデルS』が、9月にも記録更新に挑戦することが判明した。その攻撃的なモデルSのプロトタイプ車両をカメラが初めて捉えた。

[関連写真]

この「モデルS P1000」は、ワイドフェンダー、アグレッシブなトランクリッドスポイラーや軽量ホイール、グリップ力の高いミシュラン「カップ2 R」を装備。さらにキャビン内にはロールケージを備えるほか、フロントバンパーのエアインテークも拡大されており、パワートレインも向上している可能性がある。


米「Road & Track」誌の調べによると、テスラは9月21日にニュルブルクリンク北コースを予約。元F1ドライバーで、ウィリアムズやメルセデスで活躍、ワールドチャンピオンに輝いたことのある、ニコ・ロズベルグ氏に記録挑戦を依頼しているというが、一方で9月18日にも新記録挑戦するとも噂されている。また同社CEO、イーロン・マスク氏は、ツイッターでラグセナカにおいて4ドアEV最速を更新したと呟いており、並々ならぬ闘志が伺える。

ライバルのポルシェ「タイカン」は、史上初めて800Vシステムを備えたパフォーマンスEVだ。上位モデル『ターボS』では、オーバーブーストにより最大761psを発揮、0-100km/h加速2.8秒、最高速260km/hを誇る。8月26日にはニュルブルクリンク北コースにて4ドアEV最速となる7分42秒のレコードを叩き出している。

モデルSで反撃するテスラに対し、ポルシェもタイカンにさらなる高性能モデルを計画しており、2020年へ向けて激しい高性能4ドアEVバトルが見られそうだ。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:9/13(金) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事