ここから本文です

高齢ドライバー事故防止へ 運転技能向上アプリを導入〈宮城〉

9/13(金) 19:25配信

仙台放送

仙台放送

高齢ドライバーの安全運転を支えるために、東北大学と仙台放送が共同開発した「運転技能向上トレーニング・アプリ」が、宮城県内の自治体などで導入されることが決まりました。

「運転技能向上トレーニング・アプリ」は、テレビを使って高齢者の運転技能を高める脳のトレーニングゲームで、東北大学の川島隆太教授の研究チームと仙台放送が共同で開発したものです。
県内の自治体では、白石市が10月以降の導入を目指しているほか、塩釜市は9月16日のイベントで市民に無料で利用してもらうなど、すでに県内8つの自治体が導入する方針です。
また、自動車損害保険大手の「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社」は、9月13日、ドライブレコーダーと連動した保険サービスの一環で、このアプリを導入すると発表しました。

仙台放送

最終更新:9/13(金) 19:25
仙台放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事