ここから本文です

【台風15号】千葉県内公立214校が臨時休校(9/12現在)

9/13(金) 13:15配信

リセマム

 千葉県は2019年9月12日、台風15号の影響で同日午前9時現在、214校の県内公立学校が臨時休校していることを明らかにした。県内1,235校ある公立の幼稚園や小中学校、高校などのうち、167校は一部休業しており、平常通り授業を行っている学校は854校にとどまっている。

関連画像を見る

 台風15号は2019年9月9日午前5時前に千葉県千葉市付近に上陸。関東各地で記録的な暴風となり、建物損壊や倒木など甚大な被害をもたらした。大規模な停電や断水も発生しており、東京電力のWebサイトによると9月13日正午現在、千葉県内の約19万6,200戸で停電が続いている。

 千葉県教育委員会が発表した県内公立学校などの臨時休業状況によると、9月12日午前9時現在、全部休業しているのは市町村(組合)立小学校(千葉市立を除く)104校、市町村立中学校(同)53校、市町立幼稚園(同)33校、県立高校(全日制)16校、県立特別支援学校8校の計214校。

 始業時間を遅らせるなど、安全に登校できるよう配慮した措置を取った一部休業の学校は、市町村(組合)立小学校(千葉市立を除く)98校、市町村立中学校(同)50校、市町立幼稚園(同)3校、県立高校(全日制)14校、県立特別支援学校2校の計167校。平常通り授業を行っている学校は854校と、全1,235校の7割弱にとどまっている。

 このほか、東京都教育委員会では9月12日、寄宿舎での生活が困難で、校舎や体育館などが使用できない状況にある全寮制の東京都立大島海洋国際高校について、9月16日から授業を再開すると発表した。停電や断水はすでに解消されており、9月15日に自宅から寄宿舎へ生徒が帰舎。使用可能な教室や寄宿舎などを活用する形で授業を再開する。

《リセマム 奥山直美》

最終更新:9/13(金) 13:15
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事