ここから本文です

大記録に向かう心境は「あとはどうでもいいから、きょうだけ頑張ろう!」【きのうのシブコ節】

9/13(金) 8:01配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 2日目◇13日◇チェリーヒルズゴルフクラブ◇6425ヤード・パー72>

シブコ登場で初日のフィーバーはこんな感じ【写真】

何気ない会話や質問に対する回答がウィットに富んでいて、会見を開けば日本のみならず海外記者をも爆笑させた“渋野節”。帰国してからも、毎日のように新たなシブコ語録を生み出している。「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」でも、その“切れ味”が衰えることはない。

大会初日に大記録を打ち立てた渋野日向子。オーバーパーなしの連続ラウンド数を「29」に伸ばし、日本新記録を樹立した。ちなみに米国男子ツアーの記録はタイガー・ウッズ(米国)が持つ「52」。これを聞いた渋野は、「薄々聞いたことありますけど、そんなの無理ですよね(笑)」。

記録達成直後、「そのことしか考えていなかった」と明かし、続けた言葉が「あとはどうでもいいから、きょうだけ頑張ろう!」と、とにかく初日を乗り切ろうと必死だったようだ。

それだけプレッシャーもあったということだが、「名前が残るのはうれしいですね」と、マジメに答えたシブコさん。いやいや、すでに「全英AIG女子オープン」優勝で名前は至るところに刻まれていますが…。でも、そんなところも渋野のいいところ。

岡山出身の渋野にとって会場は隣県の兵庫。「同じ練習場のおばちゃんとか、ジュニアのころから知っている人とか、たくさん応援に来てもらった」と、老若男女問わず人気者のシブコさん。このまま優勝争いともなれば、さらに応援が増えること間違いなし。そして、そんなときに、どんな言葉を残すのか。乞うご期待!

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/13(金) 8:01
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事