ここから本文です

PGAツアー最優秀選手はマキロイ 最優秀新人にイム・ソンジェ

9/13(金) 11:46配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

米国PGAツアーは11日、昨季2018-19年シーズンの最優秀選手(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)にロリー・マキロイ(北アイルランド)、最優秀新人(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)にイム・ソンジェ(韓国)が選出されたと発表した。ともにPGAツアーメンバーによる投票で決定した。

日傘とサングラスとしぶことピカチュウ

マキロイは2012、14年に続く3回目の受賞。メジャーこそ未勝利に終わったが、「ザ・プレーヤーズ選手権」「RBCカナディアンオープン」「ツアー選手権」を制し、3年ぶりに年間王者に輝いた。

「全米プロ」連覇を含めて同じく年間3勝のブルックス・ケプカを退け、マキロイは「ブルックスとはメジャー優勝の違いがあるとは思っていた。選手たちは、年間のうち(メジャー)4試合だけを重要視しなかった結果だと思う」と振り返った。

21歳のイムも熾烈(しれつ)な争いを制して受賞した。昨季はマシュー・ウルフ、コリン・モリカワ、キャメロン・チャンプらのルーキーが初優勝を達成。イムは未勝利に終わったが、ルーキーで唯一プレーオフ最終戦「ツアー選手権」まで残ったことが評価されたとみられる。

イムは「僕にとって、この受賞はとても大事なこと。長い間この日のことを考えていたし、将来的に見てもとても大きな自信になる」とコメントした。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事