ここから本文です

ラグビー南アフリカ代表 事前キャンプの鹿児島市で記者会見

9/13(金) 19:11配信

KTS鹿児島テレビ

鹿児島テレビ

鹿児島での1週間の事前キャンプを終えたラグビー南アフリカ代表が、鹿児島でのキャンプを振り返りました。

ワールドカップの事前キャンプのため、9月7日から鹿児島を訪れていたラグビー南アフリカ代表。

13日、鹿児島市のサンロイヤルホテルで記者会見が行われ、選手らは鹿児島の自然や食について話しました。

(ラシー・エラスムス監督)
「日本の文化に慣れることができ、非常に楽しむことできた」

(シア・コリシ選手)
「桜島を見て驚いた。煙や溶岩も見ることができて、すごかった」

(ジャック・ニナバー コーチ)
「美しい景色に感激した。刺身は世界一おいしかった」

また、記者会見後に行われた壮行会では、鹿児島でのキャンプを設営などで支えた鹿児島大学のラグビー部20人から、激励の言葉と記念の色紙が贈られ、アンディ・カフーンゼネラルマネージャーが感謝の言葉を述べました。

(アンディ・カフーン氏)
「各国をまわったが、こんなに温かい歓迎を受けたことはなかった。鹿児島を訪れるのは今回が最後ということはないだろう。ワールドカップでは、鹿児島で受けたサポートの成果を見せることを誓う」

ラグビー南アフリカ代表は14日、鹿児島をたち、21日の初戦が行われる神奈川県に向かいます。

鹿児島テレビ

最終更新:9/13(金) 19:49
KTS鹿児島テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事