ここから本文です

カスタマイズシューズの女性向けサービスを開始

9/13(金) 13:10配信

MONOist

 エコー・ジャパンは2019年8月28日、店内に設置した3Dプリンタで製作するカスタマイズシューズ「QUANT-U(クアントゥー)カスタマイゼーション・プロジェクト」の女性向けサービスを開始し、常設店を東京の伊勢丹新宿店にオープンした。

カスタマイズミッドソールを製作するためのデータ

 3D足型計測と、シリコーン製ミッドソール制作、ミッドソールを装着する専用シューズをセットにして7万6000円(税別)で販売。ハイカットシューズは8万円(税別)となる。

 QUANT-Uとは、店内に設置した3Dプリンタを利用したカスタマイズシューズのプロジェクトだ。生体力学や解剖学を用いて設計された3D足型測定器とAI(人工知能)を搭載したセンサーが、静止時と歩行時の足の特徴をデータ化。そのデータをシリコーン素材のミッドソールに反映し、計測から約60分で3Dプリンタが出力する。カスタマイズミッドソールは専用のシューズ「SOFT 8 QUANT-U EDITION(ソフトエイト クアントゥー エディション)」に装着される。

 QUANT-Uカスタマイズミッドソールは次の3つのステップで完成する。

 1つ目のステップでは、3D足型計測器で立体的にユーザーの足をスキャンし、デジタル足型を製作する。靴内のデータをセンサーで計測し、圧力センサーと加速度計を用いて歩行の特徴をデータ化する。

 2つ目のステップでは、計測したデータを用いてミッドソールを製造。形状を数値化した後に、さまざまな構造シミュレーションのパターンの中から着用者に最もフィットしたものを選択する。

 最後のステップでは、店内3Dプリンタでシリコーン素材のミッドソールを出力。ローカットモデルは10色、ハイカットモデルは2色から好きなカラーを選択できる。

MONOist

最終更新:9/13(金) 13:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事