ここから本文です

多言語で東北の観光情報紹介 インバウンド向けサービス始動

9/13(金) 9:48配信

河北新報

 訪日外国人旅行者(インバウンド)向けの観光情報サービス「ライブ・ジャパン・パーフェクト・ガイド東北」が12日スタートした。ウェブサイトで東北6県と新潟県の観光、交通といった情報を多言語で掲載し、災害情報も発信する。

 英語、中国語など8言語(一部情報は5言語)から選んで閲覧できる。12日時点で飲食店や宿泊、観光施設など約480件の情報を紹介。交通経路の検索機能や外国人編集者らの記事もある。

 災害情報サイトへのリンクも掲載。災害時には掲載施設が情報発信できる機能を持たせた。

 サイトは東北観光推進機構、飲食店情報サイト運営のぐるなび、JR東日本など6社・団体でつくる推進委員会で運営。仙台空港での記者発表会で東北観光推進機構の小縣方樹会長は「災害情報も含め必要な情報を広域的に提供する画期的なサービス。より便利に、楽しく安心して東北を旅行してほしい」とPRした。

 JR仙台駅には同日、体験コーナーが設けられた。マレーシア出身で村山市在住のモハマド・ナジュワさん(30)は「情報が分かりやすい。イスラム教徒で食べ物が限られるので飲食店の情報が助かる」と話した。

 「ライブ・ジャパン・パーフェクト・ガイド」は東京、北海道、関西に続き東北版が第4弾。

最終更新:9/13(金) 14:23
河北新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事