ここから本文です

【スーパーGT】シェイクダウン初日、エンジン制御の調整に時間を使ったGT-R。クインタレッリ「第一印象は悪くない」

9/13(金) 12:47配信

motorsport.com 日本版

 9月12日(木)に、2020年のスーパーGT GT500クラスに登場するClass1規則車両、ニッサンGT-RとトヨタGRスープラのシェイクダウンが行われた。

【ギャラリー】ニッサンGT-R Nismo GT500 2020年仕様

 しかしGT-Rは、1回目のセッションはエンジン制御の調整に時間をかけたことで、タイム計測せず。午後になってペースを上げようとしたタイミングで、パワステ系の既知のトラブルに見舞われ、走行を終えた。

 ニスモの松村基宏COOは、この日を振り返り、次のように話した。

「システムチェックが主な1日になりました」

「(エンジンの)基本制御のチェックに時間を使っています。スロットルの動かし方が全然違うシステムなので、そこを確認しないといけません」

 GT500車両は、これまでコスワース製のECU(エンジン・コントロール・ユニット)を使用してきた。DTMとの共通技術規則”Class1”に準拠した車両となる2020年からは、ECUがボッシュ製のものに変更されるが、制御の方式がかなり異なるのだという。

「エンジンマネジメントの根本に関わるところで、ドライバーの安全にも関係しますから、きちんとチェックしなければいけません。今まで使ってきたもの(コスワース製ECU)は相当実績があるので、それと比べれば思うように動かせていないということです」

 走行を担当したロニー・クインタレッリは、「午前中は大変でしたね。スロットルが全閉にならなくて……ヘアピンではタイヤをロックさせるくらいフルブレーキングでした。ブレーキが良くて助かりました」と、1日を振り返った。

「ベンチテストでエンジンを確認して問題がなくても、実際に走ったら確認できなかったトラブルが出てくるので、電気系の問題は大変ですよね」

「午前中の不具合が直って、やっとこれからスピードを徐々に上げようというところで別のトラブルが見つかりました。今年のクルマでもたまにあったメカニカルトラブルで、パワステ系の問題でした」

 マシンの印象については、あまり走れていないだけに評価が難しいとしながらも、第一印象としては悪くないとクインタレッリは語った。

「最後の最後、S字コーナーなどは普通に走れました。70%くらいのスピードですけど、ダウンフォースが抜けたり乗りにくいとかはなかったので、リヤに関しては良い印象でした」

「もちろん、フルプッシュで行ったら違うかもしれないですけど、クルマの第一印象としては悪いものではなかったです」

松本和己

最終更新:9/13(金) 12:47
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事