ここから本文です

ウインブライト、オールカマー1週前厩舎情報/美浦トレセンニュース

9/13(金) 16:19配信

netkeiba.com

 今年4月に香港で行われたクイーンエリザベス2世CでGI初制覇を成し遂げたウインブライト(牡5・美浦・畠山吉宏)が、12日(木)、オールカマー(9/22・GII・中山芝2200m)に向けて併せ馬で1週前追い切りを消化。先行したマイネルセリオン(牡3・1勝)に、ゴールでは3馬身ほど先着している。騎乗した松岡正海騎手のコメント。

「今回は牧場で乗らずに美浦に入厩するという初めてのパターンで調整しています。その分、先週はゆるさがあって良化度がスローかと思っていましたが、先週1本追い切ったら一気に良くなりました。夏の暑さも問題なく過ごしています。もう少し良くなるだろうと感じてはいましたが、春よりも馬自体のレベルが上がってきています。

 切れ味というタイプではないので、総合力で勝負をしようと思ってやってきましたが、3歳時はまだ体がついてこなかったりと紆余曲折がありました。3歳春のスプリングS(GII・1着)の時は後ろからの競馬でしたが、その年の秋の福島記念(GIII)の時にはだいぶ腰が良くなっていて、前めに行って勝つことができました。

 このように馬の成長に合わせてやってきて、どんな競馬もできるようになったのだと思います。馬にも自信がついてきたのか、動きやふるまい、躍動感などに成長を感じますね」

(取材・文:佐々木祥恵)

最終更新:9/13(金) 16:20
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事