ここから本文です

雑居ビルでの男性死亡 殺人容疑で自首してきた知人を逮捕

9/13(金) 10:10配信

カナロコ by 神奈川新聞

 川崎市川崎区砂子2丁目の雑居ビルで12日昼ごろ、顔から血を流した男性が発見され死亡した事件で、県警捜査1課と川崎署は13日、殺人の疑いで、東京都江東区、飲食店従業員の男(47)を逮捕した。

【写真でチェック】路上で拳銃発砲、現場と鑑識活動を行う県警の捜査員

 逮捕容疑は、12日午前10時ごろ、同ビル3階の階段踊り場付近で、近くに住む土木作業員の男性(36)を押し倒し、頭を複数回踏みつけるなどの暴行を加えて殺害した、としている。男性の死因は、顔面骨折に基づく血液吸引による窒息死だった。

 同課の調べに対し、同容疑者は「死なせたことは事実だが、殺意はなかった」と、容疑を一部否認している。2人は知人で、11日夜から翌朝まで飲み歩いていたといい、「携帯電話がなくなり、(男性に)盗まれたと思って口論になった」と供述している。同容疑者の携帯電話は、犯行現場とは違う場所で見つかったという。

 同容疑者は12日午後9時半ごろ、ニュースを見て男性が死亡したことを知り、知人に相談した上で同署に自首した。

神奈川新聞社

最終更新:9/13(金) 18:47
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事