ここから本文です

10月5日から提灯祭り 二本松若連連合会がPR

9/13(金) 9:44配信

福島民報

 県指定重要無形民俗文化財「二本松の提灯(ちょうちん)祭り」は十月五日から七日まで、二本松市の中心市街地で開かれる。

 二本松神社例大祭提灯祭保存会、二本松若連連合会、二本松提灯祭実行委員会の主催。

 初日は午後五時五十分から鈴なりの提灯を付けた各町内の七台の太鼓台が繰り出し、若連が伝統のおはやしを響かせながら深夜まで練り歩く。二日目は二本松神社のみこしが午前八時二十五分に出発し、市民の安全と健康を願って各町内を練り歩く。最終日は四町と三町に分かれて合同引き廻しを繰り広げる。

 主催団体の一つの二本松若連連合会の二階堂敬祐会長は十二日、PRのため福島民報社を訪れ「今年で三百五十五年目を迎える伝統ある祭りで若連の威勢の良さを見に来てほしい」と語った。

 橘伸至、近藤貴彦の両副会長、鈴木崇功本町幹事、藤田光一会計が一緒に訪れた。

最終更新:9/13(金) 9:44
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事