ここから本文です

「札幌だと寝られない」時松隆光が“すすきの断ち”で単独首位

9/13(金) 18:47配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 2日目(13日)◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース (北海道)◇7063yd(パー72)

【写真】きょうの渋野日向子

「札幌だと夜寝られそうにないと思って、ホテルを千歳にしました。きのうの夜は(契約先の)サッポロビールを飲んで、気持ちよく寝ました」と単独首位に浮上した時松隆光が説明した。

会場の札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースは札幌、千歳から車でそれぞれ約40分の距離に位置するが、歓楽街すすきのがある札幌ではなく、千歳を選択。「千歳はおいしいご飯屋さんもあります。ジンギスカンもおいしかった」と満足度も高い。

宿泊地の選択がプレーに影響を及ぼしたかは不明だが、この日は6バーディ、1ボギーの「67」の好プレー。通算11アンダーと2位に2打差をつけた。最終18番ではフェアウェイから残り117ydの2打目をPWで20cmにつけてバーディ締め。パーオン率89%とショットが安定した。

「スコアが崩れないようにフェアウェイにひとつでも多く打っていきたい」。2017年大会は池田勇太、今平周吾とのプレーオフ。2ホール目で池田にバーディを奪われ、優勝を逃した。今季初優勝で嫌な記憶を払拭したい。(北海道北広島市/玉木充)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事