ここから本文です

マヨ+刻みたくあん「サラダパン味」滋賀ご当地ポテチに新作

9/13(金) 19:04配信

京都新聞

 47都道府県のご当地ポテトチップスを手掛けるカルビー(本社・東京都)が、23日から滋賀の味の新作「ポテトチップス サラダパン味」を発売する。サラダパン製造元「つるや」(滋賀県長浜市)が監修した。
 2017年の「鮒(ふな)ずし味」、18年の「近江牛ステーキ味」に続く3作目。サラダパンは、マヨネーズであえた刻みたくあんをコッペパンに挟んだロングセラー。カルビーの開発担当者は、理想のぬか漬けの味を再現するために20回以上の試作を重ねたという。
 同社が12日に県公館で発表した。試食した三日月大造知事は「すっぱくておいしい味。パンを食べた気になる」とコメント。つるやの西村豊弘専務取締役は「サラダパンには好き嫌いがあるが、これならたくあんが嫌いな人でも食べられると思う」と話した。11月初旬まで近畿2府4県で販売する。なくなり次第終了。

最終更新:9/14(土) 17:47
京都新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事