ここから本文です

なぜZOZOは本気でAIに取り組むのか 「アパレルの価値はAIで上がる」の真意を聞く

9/13(金) 7:10配信

ITmedia NEWS

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOが、AI事業に注力しています。同社は8月26日に、AIを使ってユーザーが閲覧している画像と似た商品を検索できる機能をZOZOTOWNに導入しました。2019年を「ZOZO AI化元年」と位置付け、運営するサービスの全面的なAI活用を目指すと宣言しています。

ZOZOがAIに本気な理由は【画像】

 ZOZOグループのAI活用におけるキーマンの1人が、ZOZOテクノロジーズ代表取締役CINO(Chief Innovation Officer)の金山裕樹さんです。金山さんはファッションコーディネートアプリ「IQON」を運営するVASILYの創業者。2017年10月にZOZOグループはVASILYを買収したという経緯があります。

 ファッションが大好きだと話す金山さんは、「ファッション領域の課題解決こそAIの力が必要」「アパレルはAIを使って価値を引き上げられる」と指摘します。なぜ今、ZOZOグループはAIに本気で取り組もうとしているのでしょうか。ファッション領域でのAI活用の可能性や、AI導入における苦労や課題、AI時代の人間の在り方など多岐にわたる話を聞きました。

 聞き手は、ITmedia NEWSでAI開発の現状を伝える連載「マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!」を持つマスクド・アナライズさん。

※:このインタビューは8月に実施されたものです。

「言語化できない」 ファッションとAIの相性が良い理由

マスクド:ZOZOTOWNで類似のアイテムを画像検索してくれる機能がリリースされました。ダメージジーンズであれば、似たような加工が施されたジーンズが紹介されるなど、かなり良い機能だなと思います。どのような背景で開発されたのでしょうか?

金山:(新機能を開発する)全てのきっかけは「顧客の課題」だと思っています。ファッションは言葉に落としづらいので、旧来型の検索エンジンと相性が悪い。例えば今日僕が着ているシャツ。言葉でどう表現しますか?

マスクド:私は語彙(ごい)が少ないので・・・・・・「濃い緑」とか「ジャングルっぽい」とかになっちゃいます。

金山:あとは「迷彩」とか「カモフラージュ柄」とかですよね。でも、カモフラージュ柄にも種類がたくさんあります。つまり、検索したくても言葉にできないと、このシャツにたどり着けない可能性があるんです。でも、見たら分かる。この隔たりを無くしたかったんです。

マスクド:画像そのものが検索キーワードになるんですね。良いなと思ったシャツが売り切れても、似たシャツを探せる。それがZOZOで完結しているのがうれしいですね。

金山:顧客が「欲しい商品を言葉にできない」という課題や、「今見ている商品そのものに似た商品を欲しい」という欲求は間違いなくあります。それらを解決するための手段として、コストエフェクティブ(費用対効果が良い)にAIを実装できるフェーズになってきたと考えています。

マスクド:ファッションはフワッとした言葉が多いですよね。「ゆるふわ」という言葉のイメージも、人によって違います。「私のゆるふわはこうなのに!」と思う人もいるでしょう。

金山:類似アイテム検索の結果は、今は(どの人にも)同じものを出していますが、今後は個人によって出し分けていきたいです。似たようなグリーンの服でも、5000円までなら払える人と2万円でも買いたい人なら、結果は変わってきますから。ブランドの好みもありますよね。今回の導入をきっかけに、AIを活用してもっと顧客の課題を解決していきたいです。

マスクド:ここからさらに発展していければ良いですね。その年の秋冬トレンドや、私に似合う・似合わないという主観なども入ってくれば、より面白くなりそうです。

金山:ここからがスタートです。初代iPhoneが使いづらかったのと同じだと思っていただけたら。コピー&ペーストすらできなかったですから。

マスクド:今回のAI実装は、生まれたてのスマホみたいなものですか。

金山:最初のAIプロジェクトだと思っているので、まだまだこれからです。厳密に言うとZOZOSUITSで一部、マシンラーニング(機械学習)を使っていますが、ZOZOTOWNの根幹を成すサービスへの実装としては1発目です。

マスクド:ZOZOTOWNは通販としての基本機能はものすごく充実していると思うのですが、プラスアルファがまだちょっと弱いかなと感じていました。ですがここ数年、劇的に変わっていますよね。物流だけでなく、ZOZOSUITS、プロダクトと、自前で作れるエンジニア集団もいる。AIが加わって、ZOZOにしかできない取り組みが期待できそうです。

金山:そうですね、やらなきゃいけないですね。

1/3ページ

最終更新:9/13(金) 7:10
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事