ここから本文です

【オータムC】紀平SP完璧首位 本紙独占密着「大人の勝負服」マル秘製作現場

9/13(金) 16:32配信

東スポWeb

【カナダ・オークビル12日(日本時間13日)発】フィギュアスケートの「オータムクラシック」が開幕し、昨季シニアデビュー年でグランプリファイナルを制覇した紀平梨花(17=関大KFSC)が今季初戦のショートプログラム(SP)で見事に首位発進。パーフェクトな演技で2年目のシーズンをスタートさせた。この日、周囲の目を引いたのは鮮やかな新衣装だ。昨年のイメージとガラリ一変。その製作現場を独占取材した本紙は「進化」を感じさせる“勝負服”のヒミツを大公開する。

▽女子ショートプログラム
1:紀平梨花(日本)78.18点
2:エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)75.14点
3:カレン・チェン(米国)60.89点

 アップテンポの新曲「ブレックファスト・イン・バグダッド」に乗り、紀平はトリプルアクセルを含む4つの3回転ジャンプをすべて成功させた。

 氷上で華麗に舞い、完璧な滑りで首位発進。その演技を彩った鮮やかなロイヤルブルーの衣装にはスケートと実直に向き合う彼女のプロ意識が存分に詰まっている。

 多忙を極めた今オフ、紀平は氷上練習やダンス、バレエのレッスンをほぼ毎日行った。世間の女子高生が夏休みを謳歌する中、スケートに命をかける17歳は「練習を休むと不安。逆にストレスになる」と、1分1秒を無駄にしなかった。そんな過密日程の合間を縫って作られたのが、この日の新衣装。バレエ・ダンス用品の総合メーカー「チャコット」の担当者と夜遅くまで打ち合わせ、自ら構想を練った。

「曲がジャズっぽい雰囲気なので、それに合う色は何かなぁ…と、いろいろと思い浮かべました。振り付けが迫力あるテキパキした今どきのダンスのような動きなので、淡い色やグラデーションではなく、パッと明るい色がいいと思いました」

 曲と振り付けのイメージを膨らませ、最終的に「鮮やかな真っ青がいい!」とひらめいたという。担当デザイナーの「オリエンタルな雰囲気」というテーマも加えられ、黄色ベースのストーンがちりばめられて完成した。

 昨シーズンのSPは「夢の中の少女」がテーマ。パジャマをイメージしたかわいらしいデザインは一変し、今回は「少女から大人へ」の進化を遂げる紀平にピッタリの出来栄えとなった。

 細部へのこだわりも尋常ではない。紀平が強く希望したのは「左右対称」と「軽量化」の2点。「衣装を脱いで陸で回転練習すると真っすぐ回れるけど、衣装を着るとゆがむことがある」。左右の微妙な重さの違いがジャンプに影響するからだ。

 そして、今回最も頭を悩ませたのがスカートの重さ。「重すぎるとジャンプしにくいので、できるだけ軽くしたい」という願望がある一方で、フィギュアスケーターとして“見た目”を気にしなくてはいけない。「あまりに透けて、露出が多くなるのは嫌なので…」。スカートの布が1枚だと跳びやすいが透けてしまう。2枚だと重すぎて演技に影響する。迷った末、今大会は2枚重ねにして出場。ジャンプの体感を確かめた結果、大会後に内側のスカートの布を裁断し、形を変えて軽量化を図ることに決めた。ここに類いまれな感性を持つスケーター紀平の強さが隠されている。

 昨年はスケート靴の調整に魂を注いだ。本番直前までミリ単位の作業を繰り返した。紀平は他の選手が気付かない微妙なズレを感じ取る。いや、勝手に感じてしまうのだ。

「できればこだわりたくないけど、どうしても違和感を持ってしまう。でも、繊細だからこそ失敗の原因に早く気付けた部分もある。そういうふうに、いい方向にいけばいいですね」

 周囲からの注目には「あまり気にしません」といい意味で鈍感だが、競技に関しては誰よりも繊細。イチロー(45)は角材1000本の中から最高のバットを選んだと言われるが、こういったこだわりこそ一流の証しなのだ。

 ちなみに、胸元でキラリと光る花のモチーフは「ゴールド(金色)がいいです」という紀平の要望が採用された。「絶対に勝ちたい」という来年の世界選手権。そのメダルの色をまるで暗示しているようだ。

【鬼門クリア!フリーで4回転出るか】16人中10番目に登場した紀平は、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で完璧に着氷。昨季は成功率30%と苦手だった最大の難所を突破すると、フリップ―トーループの3回転コンビネーション、さらに3回転ループも成功させる。

 ノーミスで演技を終えると、最後は両手で小さくガッツポーズ。78.18点をマークした。

 次に滑った元世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(19=ロシア)は75.14点で、紀平の首位発進が決まった。

 昨季は何度もSPでミスを重ねたが、今季初戦で鬼門をクリアして最高のスタート。13日(日本時間14日)のフリーでは4回転サルコーに挑戦するかが注目される。

最終更新:9/14(土) 0:23
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事