ここから本文です

“怖さを調整できるダイヤル”付き「怖い部屋」が夜眠れなそう…… 個性的な11の客室に泊まれる「不思議な宿」が京都にオープン

9/13(金) 10:00配信

ねとらぼ

 京都に実験的で遊べるゲストハウス「不思議な宿」が正式オープンしました。ユニークな11の客室に宿泊でき、その中には怪奇現象が起こる「怖い部屋」も……。

【画像】「怖い部屋」

 ちょっと怖い程度と説明されている「怖い部屋」は、“怖さを調整できるダイヤル”が付いた部屋。何も起きない「0」から、どんどん怖くなる「1~4」まで自分で調節できます。それにしても紹介動画がかなり怖そうなんですが……。

 レベル4は夜19時以降のみ体験可能で、内容は実際に体験した人だけが知ることができます。ネタバレ禁止で、もし破ると「夜にお迎えにあがります」とのこと。公式サイトでは「所々、手などが落ちてますが、気にしないでください」や「心臓の弱い方や、光の点滅が苦手な方はご遠慮ください」という注意書きもあり、明らかに“ちょっと怖い程度”じゃない雰囲気が漂っています。リラックスできるかは分かりませんが、暑い時期に良いかも……?

 不思議な宿では、他にも壁がスイッチだらけの「多い部屋」、景色を変えられる「景色の部屋」、人気ボードゲームがそろった「ボドゲの部屋」など、それぞれで楽しみ方の違う“遊び”が詰まった部屋が用意されています。宿泊価格は、各部屋・1人1泊7500円~(※時期により変動)で、1~2人までが泊まれる程度の広さとのこと。

 ちなみに宿屋1階には、コーヒーやサンドイッチと並んで“音楽”が注文でき、曲に合わせて店内のものが踊り出す「たまに動く喫茶店」もあります。こちらの喫茶店は飲食物の提供は宿泊者限定ですが、見学は宿泊なしでも可能です。

ねとらぼ

最終更新:9/13(金) 10:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事