ここから本文です

100歳以上、7万人突破 平成の30年間で23倍に

9/13(金) 11:12配信

共同通信

 「敬老の日」(今年は16日)を前に、厚生労働省は13日、全国の100歳以上の高齢者は7万1238人となり、初めて7万人を突破したと発表した。昨年から1453人多く、49年連続の増加。女性が88.1%を占めた。1989年は3078人で、平成の30年間で約23倍となった。同省の担当者は「健康増進や介護予防の取り組みなど複合的な要因がある」としている。

 住民基本台帳を基に今月15日時点に100歳以上になっている人数を集計。男性は昨年から132人増の8463人、女性は1321人増の6万2775人となった。

最終更新:9/13(金) 12:45
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事