ここから本文です

高機能タスクマネージャー「Process Explorer」がv16.30に

9/13(金) 13:34配信

Impress Watch

 米Microsoftは9月5日(現地時間)、高機能なタスクマネージャー「Process Explorer」の最新版v16.30を公開した。Windows Vista/Server 2008以降に対応するフリーソフトで、現在、同社のWebサイトからダウンロードできる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「Process Explorer」は、システムで実行されているプログラムとその状態を調べるツールで、Microsoftの一部門である“Windows Sysinternals”によって開発が進められている。「タスク マネージャー」よりも詳しくプロセスの情報が取得できるので、システムやアプリケーションのトラブルシューティングに役立つ。

 最新版となるv16.30では、プロセスビューに“Shared Commit”カラムが追加された。カラムの右クックメニューから[Select Columns]ダイアログを開き、[Process Memory]タブへアクセスすると、“Shared Commit”オプションが用意されている(初期状態無効)。プロセスがコミットするメモリにはプライベート・共有・その他(カーネルモードなどでの利用)の3つがあるが、共有コミットを知る手段は多くないため重宝しそうだ。

 そのほかにも、OSのログオン時などに実行するよう設定していた場合にアプリが終了してしまう不具合や、ソケットが複数ある場合にCPUグラフを正しく取得できない欠陥などが解消されているという。

 また、セキュリティイベント監視サービス「Sysmon」もv10.4へアップデートされ、フィルタリングルールが改善された。詳細は公式ブログを参照のこと。

ソフトウェア情報「Process Explorer」【著作権者】Mark Russinovich 氏【対応OS】Windows Vista/Server 2008以降【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】16.30(19/09/05)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:9/13(金) 13:34
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事