ここから本文です

スポーツチームの応援Tシャツを自作した小学生がからかわれる→教師の投稿が公式に届いてグッズ化、収益をいじめ防止へ寄付

9/13(金) 21:05配信

ねとらぼ

 大学スポーツチームを応援する「カレッジ・カラーズ・デイ」に参加した米フロリダ州のある小学校で、1人の少年がテネシー大学を応援する自作Tシャツを着たところ、同級生からからかわれるという悲惨な結果に。教師からの相談を聞きつけた同大学は、少年と同級生たちに公式ファングッズを送り、さらにはからかわれた自作Tシャツを公式アイテムとして販売するという心温まる展開になりました。

【画像】公式グッズになった少年のTシャツ

 この出来事をFacebookで報告したのは、小学校の教師を務めるローラ・スナイダーさん。彼女によると、一人の生徒がテネシー大学のアメリカンフットボールチーム「テネシー・ヴォランティアーズ・フットボール(通称Vols)」を応援しようとしていました。しかし少年はVolsの公式グッズを持っていなかったようで、自作デザインのTシャツを作り、「カレッジ・カラーズ・デイ」に参加しました。ペンで手書きした自作ロゴとその紙をピン留めするという手作り感があふれるTシャツです。

 自作したTシャツに意気揚々とする生徒の姿を見て、スナイダーさんは感動しました。しかし他の生徒たちからの反応は厳しいものでした。昼食の時間になると、隣の席の子たちから、デザインや手書きのロゴをからかわれたのです。少年はランチタイムが終わると、机に突っ伏し、頭をかかえて泣いていたといいます。悲しい体験をした生徒の姿を見たスナイダーさんは、何かできることはないかとFacebookのコミュニティで相談を持ちかけました。すると、投稿した相談内容が口コミで広がり、すぐにテネシー大学に届いたのです。

 スナイダーさんの投稿を見たテネシー大学の対応は、少年を励ますだけでなく、クラスメイトたちも喜ぶものでした。少年とクラスメイトそれぞれに、テネシー大学オリジナルの帽子やバッグなど、たくさんのファングッズが届いたのです。

 また、公式グッズを取り扱う「VolShop」では、カレッジ・カラーズ・デイのTシャツとして、少年の描いたロゴを採用し公式グッズとして販売することを決定しました。売上は青少年のいじめ防止に取り組む「STOMP Out Bullying」に寄付されます。

 リアルタイムで状況を更新するスナイダーさんの投稿にはシェア1万件、コメント5000件を超える反響が寄せられ、「すてきな先生だ」「このようないじめがすぐになくなってほしい」など、スナイダーさんの対応に賛同する意見が多数寄せられました。

ねとらぼ

最終更新:9/13(金) 21:18
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事