ここから本文です

渋野、精神的な疲労は明らか 残り2日「絶対にアンダーで回る」

9/13(金) 21:26配信

毎日新聞

 ◇日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日(13日・兵庫県チェリーヒルズGC=6425ヤード、パー72)

 最終ホールをバーディーで締めたが、喜ぶことなく天を仰いだ。前日に29ラウンド連続オーバーパーなしのツアー新記録を樹立した渋野日向子だが、一転3オーバーと崩れた。記録更新が断たれ「まさか予選落ちの危機を迎えるとは。しんどかった」と表情は複雑だった。

 「打つ時に体が浮いていた」と分析した通り、ショットが安定しなかった。インスタートで迎えた17番パー3ではグリーン手前の池に落としてダブルボギーをたたくなど、前半だけで4オーバー。得意とする後半で4バーディーを奪うも、ボギーも三つ。強気のパットが何度もカップに嫌われた。「新記録を出して、ちょっと気が抜けたかな」。精神的な疲労は明らかだった。

 予選落ちこそまぬがれたが、首位とは9打差と優勝争いからは脱落。「残り2日間、絶対にアンダー(パー)で回ります」。連日5000人超が詰めかけたギャラリーのためにも、巻き返しを誓った。【伝田賢史】

最終更新:9/13(金) 21:26
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事