ここから本文です

野上絹代演出「カノン」に中島広稀、さとうほなみ、渡辺いっけいら

9/13(金) 18:03配信

ステージナタリー

2020年3月に東京・東京芸術劇場 シアターイーストで上演される野上絹代演出「カノン」の出演者が発表された。

【写真】さとうほなみ(メディアギャラリー他22件)

オーディションにより出演が決定したのは中島広稀、さとうほなみ、名児耶ゆり、永島敬三、大村わたる、山本栄司、長南洸生、緒形敦、川原田樹、中林舞、手代木花野、佐々木美奈、前原麻希、本多遼、湯川拓哉、小田龍哉、村田天翔、佐野功、木津誠之、家納ジュンコ、佐藤正宏の21名。加えて渡辺いっけいの参加が発表された。

「カノン」は野田秀樹の代表作の1つ。2015年には、演劇大学連盟主催で野上演出版が上演され、好評を博した。今回は、野田演出版で野田自身が演じた天麩羅判官役を渡辺が演じるほか、太郎役を中島、沙金役をさとうが演じ、猪熊の爺役を佐藤、猪熊の婆役を家納、猫役を名児耶、盗賊団や天麩羅判官の部下役を永島、大村らが務める。

野上は出演者決定にあたり、「応募総数1,200人を超える大規模なオーディションとなり、改めて野田さんの影響力・野田戯曲に対する俳優たちの絶大な信頼と興奮を感じる機会となりました」と感慨を述べ、「オーディションで感じた俳優たちの熱気に恥じぬよう、チャレンジし続ける所存です」と意気込みを語った。

公演は2020年3月2日から15日まで。チケットの一般販売は12月7日10:00にスタート。

■ 野上絹代コメント
2020年版「カノン」の出演者が決定いたしました。
応募総数1,200人を超える大規模なオーディションとなり、改めて野田さんの影響力・野田戯曲に対する俳優たちの絶大な信頼と興奮を感じる機会となりました。そして「何処の馬の骨かもわからない」演出家のオーディションにご応募いただいた俳優の皆様、本当にどうもありがとうございました。思いもよらないビッグな出会いや心揺さぶる再会など沢山の経験をさせていただき、いっぱい頭を悩ませ、ついに この、夢のような座組で走ることを決めました。オーディションで感じた俳優たちの熱気に恥じぬよう、チャレンジし続ける所存ですので引き続き、この「ランナー」たちと「馬の骨」の走りにご注目いただければ幸いです。

■ 「カノン」
2020年3月2日(月)~15日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作:野田秀樹
演出:野上絹代
出演:中島広稀、さとうほなみ / 名児耶ゆり、永島敬三、大村わたる、山本栄司、長南洸生、緒形敦、川原田樹、中林舞、手代木花野、佐々木美奈、前原麻希、本多遼、湯川拓哉、小田龍哉、村田天翔、佐野功、木津誠之、家納ジュンコ、佐藤正宏 / 渡辺いっけい

最終更新:9/13(金) 18:03
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事