ここから本文です

【TGS 2019】マウス、アート・音楽・ゲームで"バト"る一大フェスを来春開催

9/13(金) 16:22配信

Impress Watch

 株式会社マウスコンピューターは12日、東京ゲームショウのブースにて、ゲーム、アート、音楽を融合させた大型イベント「DIGITAL ENTERTAINMENT FESTIVAL」(DEF)を2020年春に開催することを発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同社は近年、PCの販売だけでなく、C4 LANをはじめとしたゲームイベントへの協賛などのほか、アートイベントなどへの協力、そしてフォトコンテストの運営なども手がけている。今回同社が発表したDEFは、そういった各種のイベントを一堂に実施する野心的なものだ。

 DEFがカバーするカテゴリは、デジタルアート、デジタルミュージック、eスポーツ、そしてLANパーティの4つ。

 デジタルアートでは、LIMITSが協力し、アートバトルを開催する。アートバトルというのは聞き慣れないが、デジタル機器を使い20分という短い時間制限のなかで、ランダムに選ばれたテーマについてイラストなどを描く。2人のアーティストが同時に制作を行ない、審査員が、アイディア、スピード、テクニックなどを基準に採点し、勝者を決める。デジタルを使い、アートをeスポーツのような競技に発展させたものだ。

 デジタルミュージックでは、株式会社DETUNEが協力し、ミュージックバトルを実施する。詳細はこれから決まっていくようだが、デジタルアート同様、デジタル機器を使い、その場で作曲を行ない、それを審査し、勝者を決めていく。

 eスポーツとLANパーティーに関しては、さまざまなeスポーツ/ゲーム系イベントを手がける株式会社RIZeSTの協力のもと、ゲームの大会を開くとともに、コミュニティで楽しむ場を提供する。

 DEFでは、これらのイベントが1つの会場で同時に開催される。

 また、このようなイベントをやってみたいという希望を大学・専門学校から募り、マウスコンピューターが運営の支援も行なっていく。具体的には、マウスコンピューターが、PCやディスプレイの貸し出し、イベントノウハウの提供、メーカーへの許諾取得、そしてイベント告知のサポートなどを行なっていく。

PC Watch,若杉 紀彦

最終更新:9/13(金) 16:22
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事