ここから本文です

阪神 西が7回1失点の好投 8勝目の権利を得て降板

9/13(金) 20:34配信

デイリースポーツ

 「中日-阪神」(13日、ナゴヤドーム)

 阪神の先発・西勇輝投手が、7回を5安打1失点。6点のリードを守り抜き、8勝目の権利を持って降板した。六回には右越えに適時二塁打を放ち、自らのバットでダメ押しの6点目を奪った。負ければ5位転落の危機にあったマウンドで、FA右腕が意地を見せた。

【写真】「西さんの援護を」―梅野が食らいついた

 序盤から貫禄の投球だった。初回、大島、京田、福田の上位打線を3人で片付けると、味方が三回に4点を先制。大量の援護点を受けると、投球はさらに力強さを増した。

 五回、高橋、阿部に連打を浴び1点を失ったが、続く無死二塁のピンチを粘り、この回を最少失点で切り抜けた。六回、2死一塁で巡った打席では、一走の梅野が二盗を決めて得点圏に進むと、フルスイングで右越えの適時二塁打を放った。今季8本目の安打で4打点目。二塁打は今季初だった。

 前回7日の広島戦(マツダ)でも、8回3失点の好投で勝利。同戦では、試合中に足がつるハプニングもあったが、中5日のマウンドで117球を投げ、問題なしを証明した。開幕から青柳と2人、ローテを守ってチームを支える好投を続ける。

最終更新:9/13(金) 20:41
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事