ここから本文です

あおりエアガン、兵庫も捜査=類似3件、黒いワゴン車

9/13(金) 20:37配信

時事通信

 愛知県の東名高速道路で、ワゴン車の男があおり運転をしエアガンのようなものを発射したとされる事件で、神戸市内でも7~8月、よく似た車から歩行者やトラックが撃たれる事件が計3件あったことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 愛知、兵庫両県警が関連を調べている。

 捜査関係者によると、神戸市内の一般道で7月、通行人がワゴン車からエアガンのようなもので撃たれる事件があり、現場にBB弾が落ちていた。7~8月、同市の阪神高速道路でトラックに対する同様の被害が2件発生。兵庫県警は暴行や器物損壊容疑で捜査しており、加害車両はいずれも黒色で、東名のワゴン車と特徴が似ているという。

 愛知県警は器物損壊容疑で40代の男の逮捕状を取り、行方を捜している。 

最終更新:9/13(金) 20:44
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事