ここから本文です

坂上忍 千葉の自宅停電続き「被災の入口ぐらいを経験」 「諦めの気持ち」も吐露

9/13(金) 12:45配信

スポニチアネックス

 俳優の坂上忍(52)が13日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。台風15号の影響で停電が続く千葉県にある自宅の写真を公開し、「被災の入口ぐらいを経験させてもらっている」と現状を語った。

【写真】停電で飲料水などを求め集まった市民ら

 千葉県内では、いまだ19万軒以上(正午現在)も停電している状態。坂上は前日12日に鴨川方面へロケに行ったことを明かし、「僕が住んでいるところよりもまだまだ被害酷いかな」と印象を語った。

 東京電力は12日に全面復旧は「13日以降」と発表。坂上は「(10日発表の)“11日中”だと最悪12日の午前0時まで頑張ればと思えたが、“13日以降”となると、こっちも疲れているので、諦めの気持ちになってきちゃっている」と本音をもらした。

 自宅の被害は「そこまでではない」という坂上。自ら撮影した自宅の被害状況を報告。VTRでは庭の木が根こそぎ倒れ、家のフェンスが折れ曲がっている様子などが映し出された。屋根も「風でめくれた」状態になっており、「次に似たようなのが来たら、ちょっとまずいかも…」と不安を吐露する場面もあった。

 「大変なことには変わりないんだけど、大変、大変言っててもしようがない」とも。「今回、被災の入口ぐらいを経験させてもらっているのかなと思って日々暮らしているんですが」と切り出し、「こういう番組をさせていただいて、頭の中でこういう時はああやるべきだと分かっていたつもりでしたけど、全然ダメだった。足りてない」としみじみ。「一番、何が助かったかって言ったら、近所の方。まあ、ホント心強い。本当にありがたい」と周囲に感謝しつつ、「だからこそ、一日も早い復旧を心よりお願いいたします」と締めくくった。

最終更新:9/13(金) 14:45
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事