ここから本文です

巨人・山口トップ14勝!M6呼ぶ10奪三振「頼もしい野手陣のおかげ」最後はなぜか“丸ポーズ”

9/13(金) 22:08配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 巨人5ー1広島(2019年9月13日 東京D)

 5年ぶりのリーグ優勝へ、巨人が優勝マジックを一つ減らし「6」とした。13日の広島戦に5―1で勝利。先発の山口俊が7回2/3を4安打1失点10奪三振の好投で14勝目を挙げ、リーグトップで並んでいたDeNA・今永を抜き単独トップに躍り出た。

【写真】4回2死一、三塁、阿部の邪飛をベンチでガッチリつかんだ原監督。小林はその時…

 優勝を引き寄せ「最高ですね」と充実した表情。お立ち台の二言目には「(小林)誠司のリードもそうですし、頼もしい野手陣のおかげで、自分のペースで投げられました」と感謝の言葉を述べた。「今年こうやってやれているのも、野手もそうですけどね、リリーフみんなのおかげでね、こうやって勝つことができているので感謝しています」とリリーフ陣への感謝も忘れず。ファンから大歓声を浴びた。

 翌日14日は先発に沢村を起用し、中継ぎ陣を小刻みにリレーするブルペンデーを導入。「今日は最初から長いイニングを投げるつもりでマウンドに上がって、その結果長いイニングを投げることができたので良かったです」と中継ぎ陣を休ませる好投で明日へつないだ。

 フォークが冴えた。7回には2死一、二塁のピンチを背負うも、広島の代打・坂倉を空振り三振斬り。この日10奪三振で今季通算175奪三振とした。リーグトップだった今永の173奪三振を上回ったことについて問われると「はい、そうですね、はい…」としろどもどろ。「僕自身の結果よりもチームの優勝というところを一番の目標にしてやっているので、残り試合もしっかり頑張ります」と、“個よりチーム”を強調した。

 「まだまだ一試合一試合大事な試合が続くと思いますので、これからも一人でも多くのファンの方が球場に来て応援していただけるように僕たちもまたグラウンドで頑張るので、大きな声援をよろしくお願いします」と今後の活躍を誓うと、超満員の本拠地のファンから山口コールが。残り12試合、5年ぶりの悲願へ突き進む。

最終更新:9/13(金) 22:31
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事