ここから本文です

砥部町舞台の映画 19日町内でロケ開始(愛媛県)

9/13(金) 15:37配信

南海放送

タイトルは「未来へのかたち」。来年春以降の全国公開を目指す砥部町を舞台とした映画の撮影が始まるのを前に、大森監督らが中村知事を表敬訪問した。

県庁を訪れたのは砥部町出身の映画監督大森研一さんや映画関係者ら。映画「未来へのかたち」は東京オリンピックの聖火台を砥部焼でつくろうと立ち上がった窯元一家の挑戦を描くもので一昨年には町民ミュージカルとして公演されている。

大森監督は、映画で使用される高さおよそ4メートルの巨大な聖火台を大道具ではなく、職人らが実際に砥部焼で作っていることにも注目してほしいと見どころを紹介していた。その上で大森監督は、「見ていただいた方に砥部町に行ってみたいと思ってもらえるような作品にできたら」と抱負を語っていた。

撮影は今月19日に始まり、すべて砥部町で行われることになっている。

最終更新:9/13(金) 17:10
南海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事