ここから本文です

井上大仁「ゴールテープを1番で切りたい」MGCへ堂々

9/14(土) 6:14配信

スポーツ報知

 マラソンの東京五輪代表選考会MGC(マラソングランドチャンピオンシップ、15日)に出場する男女全40選手(男子30、女子10)が13日、都内で会見した。男子の「4強」は万全をアピールし、上位2人の代表切符獲得へ早くも火花を散らした。

 井上大仁(26)=MGPS=昨年8月、高温多湿のインドネシア・ジャカルタで行われたアジア大会で金メダルを獲得したタフガイは勝利への思いを隠すことはしなかった。「ゴールテープを1番で切りたい」と堂々と話した。「10日前はむちゃくちゃ緊張していたけど、今は開き直っている。緊張をコントロールできています」。熱く、かつ冷静に代表の座を狙う。

最終更新:9/15(日) 13:41
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事