ここから本文です

五輪切符へ福士選手決意(青森県)

9/13(金) 18:35配信

青森放送

Radio Aomori Broadcasting(RAB)

東京オリンピックのマラソン代表を選考するレースが15日東京で行われます。板柳町出身の福士加代子選手が5大会連続のオリンピック出場をかけた決意を述べました。

東京オリンピックのマラソン代表選考レースに出場する選手たちは13日公式会見に臨みました。
板柳町出身の福士加代子選手も出席し、大会への意気込みを漢字ひと文字で表現しました。

★板柳町出身 福士加代子選手
「これは『いち』とも読むし『はじめ』とも読むので良い字だなと思って」

東京オリンピックのマラソン代表は選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」で男女とも2位までに入ると日本代表に決まります。
トップ選手が一堂に競うレースで最年長37歳の福士加代子選手はトラック種目も含めた5大会連続オリンピック出場の偉業がかかっています。

★板柳町出身 福士加代子選手
「どうなんでしょう、ベテランとして?みんな負けてほしい、みんなお願いだから負けて。そんなのですかねとりあえず頑張りますね。いろんな思いを全部空気とか不安とか全部それをくってそれを全部エネルギーに変えていきたいと思います。勝てるとかじゃないわかんない、わかんないけどやってみます」

選考レースは15日東京で行われ、女子はトップ選手10人が午前9時10分にスタートします。

最終更新:9/13(金) 21:05
青森放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事