ここから本文です

LINEのトークルーム内だけのワンシチュエーションドラマ、MXで放送

9/13(金) 14:27配信

オリコン

 世界初(かもしれない)コミュニケーションアプリ「LINE」のトークルーム内だけでストーリーが進むワンシチュエーションドラマ『とある金曜日、LINEの中で』が、きょう13日(後11:30~深0:00)、TOKYO MX で放送される。

【写真】等身大“高木さん”と対面する高橋李依

 今時の若者にとって、直接会話するよりも、「吹き出し言葉」によるLINEでのやりとりの方がリアルな会話。そんな若者の生っぽい吹き出し言葉をせりふにすることで、SNSコミュニケーション独特のスピーディーなテンポで物語は展開。画面は常にグループLINEのまま(!?)という今まで見たこともない画期的な仕組みのドラマを打ち出す。

 打ち間違いや、誤送信からの誤爆など、誰もが一度は経験したことがあるLINE あるあるも随所に登場。グループLINE の画面という今時の“密室”で、どんな物語が起こるのか。

 本作でこだわっているのが、音楽。人生のさまざまなシーンで音楽は私たちに影響を与えるもの。勇気をくれたり、励まされたり、一緒に悲しんだり、時にはどん底まで落ち込まされたり。そんな音楽が持つ不思議な力をドラマのもう一つのテーマにして、トークルーム上で音楽をシェアすることができる機能を活用した、音楽が物語の展開の鍵を握る作品にもなっている。

 企画&脚本は、江口愛実や大人AKB48、広告とドラマを融合させたアドフュージョンドラマなど、話題になる広告を世に発信してきた電通CDC の中尾孝年氏が担当。今回もさまざまな手法で視聴者を驚かせてくれそうだ。

 また「超会話劇」となる今回のドラマの魅力を120%発揮するために、キャストには経験豊富&新進気鋭の声優陣を起用。主演のちひろ役には、放送中のアニメ『からかい上手の高木さん』で高木さんを演じている高橋李依。『この素晴らしい世界に祝福を!』のめぐみん役や『Re:ゼロから始める異世界生活』のエミリア役、『魔法つかいプリキュア!』の朝比奈みらい役など、数多くの人気作品で主要なキャラクターを演じている。

 ちひろのバイト仲間の女友達3人は、あかりん役に上田麗奈、アッキ―役に青山吉能、mika役に古賀葵。LINEの中の女子トークをリアルに再現、盛り上げる。ちひろが思いを寄せる相手・悠太役には『ヲタクに恋は難しい』の二藤宏嵩役の伊東健人、悠太の友達のナオト役には『アイドリッシュセブン』の八乙女楽役など数多くの作品で活躍している羽多野歩が参加し、女子トークに彩りを加える。

■ストーリー
 金曜23:30、今日もたくさんのLINE が飛び交っている。
 
「みんな!今週もお疲れー」いつもの何気ないメッセージから始まる、女4人の友情ラブコメディー。

 主人公のちひろは、いつものノリでバイト仲間のあかりん・mika・アッキーに、土曜日のお誘いLINE を送る。でも、なぜか今日に限って3人とも予定あり。よくよく聞いてみると、みんな彼氏とデートの約束!? 「えっ? 私だけボッチじゃん!涙」。そう拗ねるちひろにも、実は片思い中の相手・悠太がいた。

 でも、悠太との友達関係を壊したくないちひろ。そんなちひろの背中を押すために3人は、思い思いの曲を送り励ますが…。果たして、ちひろの告白はうまくいくのか? そして、告白の先に待っていた思いもよらぬ結末とは? 

1/2ページ

最終更新:9/13(金) 14:27
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事