ここから本文です

柚希礼音、守られる側の役に喜び 宝塚時代は守る側多く「ボディガード役だと…」

9/13(金) 18:14配信

オリコン

 元宝塚歌劇団トップスターで女優の柚希礼音が13日、ミュージカル『ボディガード』来日公演の初日レッドカーペットイベントに俳優の大谷亮平、タレントのLiLiCo、女優の新妻聖子とともに登場した。

【写真】海外から来日!豪華な登壇者”柚希礼音”ら集結

 同作は、ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で大ヒットを遂げた映画『ボディガード』を舞台化したもの。世界11ヶ国以上、400万人を動員し日本初上陸。レイチェル役をアレクサンドラ・バーク&ジェンリー・シャロー、フランク役をブノワ・マレシャルが務めている。

 来日公演サポーターのLiLiCOは、タイトルにちなみ“ボディガード”2人を連れて登場。同公演ではボディガード付きチケットが販売されていることもあって「特別な日にしたい方には、ぜひ! ボディガードは日替わりです」とアピール。続けて「私がブノワさんを触ったら止めてもらうということなのですが、まだ触っていないので…。この後、触りたいと思います」と笑わせた。

 来月3月に開幕する『ボディガード』日本キャスト版で、Wキャストで主演・レイチェル役を柚希&新妻、フランク役を大谷が担当。柚希は「昨年、イギリスで観ていたので、今回、進化した公演を観られることが楽しみです」とにっこり。

 初のボディガード役となる大谷は「気持ちが大事だと思っていて、この2人を守る役ですのでステージ上はもちろん、舞台期間中はしっかりと気持ちだけでも守っていこうと思います」と役作りに意気込んだ。

 一方、宝塚時代は守る側の役が多かったという柚希は、今回、守られる側の役ということで「この作品(日本版)が出た時に、私がボディガード役だと思う方もいたのかなと思いますが…、しっかりと(大谷に)守っていただき…」とうれしそうに話し「歌がいっぱいありますので、いっぱいけいこをして、自分なりのレイチェルで挑みたいと思います!」と語った。

 今回の来日公演は東京・東急シアターオーブで13日から10月6日、大阪・梅田芸術劇場メインホールで10月11日から20日まで開催される。

最終更新:9/20(金) 22:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事