ここから本文です

羽生結弦、クワッドアクセル修得へ5回転トレーニング/フィギュア

9/13(金) 10:17配信

サンケイスポーツ

 【オークビル(カナダ)12日(日本時間13日)】フィギュアスケートのオータム・クラシックが当地で開幕。今季初戦に臨む男子の羽生結弦(24)=ANA=は、13日(同14日)のショートプログラム(SP)に向け、公式練習に参加。35分間の練習の中で、4回転ジャンプはループ、トーループ、サルコー、ルッツの4種類で着氷した。

 練習後に取材に応じた羽生は、今季のSPは「秋によせて」、フリーは「Origin」と、昨季と同じ楽曲を使用すると発表。「(昨年は)けがで思った試合数をこなせなかった。自分の中で完璧といえるものができていないことが心残り」と再演の理由を明かした。また、「このプログラム自体を負けたままで終わらせたくない」と2位に終わった昨年の世界選手権の悔しさをあらわにした。

 今季での導入を目指すクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)修得に向けて、「回転力を上げるため」と5回転サルコーの練習をしていることも話した。

最終更新:9/13(金) 16:10
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事