ここから本文です

千葉台風被害、岸田政調会長「一刻も早い対応を」 自民が特別委

9/13(金) 16:25配信

産経新聞

 自民党は13日、台風15号によって千葉県で大規模停電や断水などの被害が出ていることを受け災害対策特別委員会を開き、内閣府などから被害状況の報告を受けた。岸田文雄政調会長は「いまなお大規模な停電が続き、給水や医療など、市民生活に大きな影響が続いている。被災された方々の疲労はピークになっている。一刻も早い対応をお願いしたい」と述べた。

 出席議員からは、東京電力が早い段階で復旧するとの見通しを示したために対応に緩みが出たのではないかとの指摘や、千葉県の情報収集態勢を疑問視する意見などが出た。

 政府側の報告では、国の担当者が千葉県庁に入った際、停電で県内の市町村と連絡が取れておらず、県職員を現地に派遣するよう指導したことなども明らかになった。

最終更新:9/13(金) 16:25
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事