ここから本文です

「紀州のドン・ファン」の遺産受け取りへ 田辺市

9/13(金) 16:45配信

紀伊民報

 和歌山県田辺市は、昨年5月に亡くなった同市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた酒類販売会社の元社長野﨑幸助さん=当時(77)=の遺贈を受ける方針を固めた。市が把握している野﨑さんの財産は約13億円。今後、法的な手続きを進める。

 野﨑さんの死因は急性覚醒剤中毒で、死亡の経緯に不審な点があるとして、県警が捜査を続けている。野﨑さんは全財産を市に寄付するとの遺言書を残していた。

 市によると、野﨑さんの財産は負債を差し引くと13億2055万3578円(動産、不動産含まず)。預貯金が約3億492万円、有価証券など約9億7508万円、貸金業貸付債権1億8216万円で、他に市内外に土地と建物、自動車や絵画などの動産もある。一方、負債は貸金業過払い債務約1億4161万円。

 昨年9月、和歌山家庭裁判所田辺支部での検認を終え、野﨑さんの遺言書が形式的な要件を備えていることが確認でき、市は遺贈を受ける立場になった。今年1月から相続財産管理人が財産を調査し、7月に市に報告があった。

 今後、隠れた負債が相続する財産より多い場合でも、相続財産を限度に借金などの支払いをする相続「限定承認」や、土地・建物を現金化するための手続きなどをする。野﨑さんの配偶者の遺留分についても協議が必要になる。

紀伊民報

最終更新:9/13(金) 16:45
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事