ここから本文です

バーベキュー傷害致死事件 被告の男に有罪判決

9/13(金) 19:30配信

NBC長崎放送

NBC長崎放送

去年9月、会社のバーベキューパーティで同僚を殴って死なせたとして、傷害致死の罪に問われている男に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡されました。

判決を受けたのは、諫早市の会社員荒木洋平被告32歳です。
起訴状などによりますと、荒木被告は去年9月、会社のバーベキューパーティーで同僚の男性を殴って転倒させ地面で頭を打って死亡させたとして傷害致死の罪に問われています。
今日の判決公判で、長崎地裁の小松本卓裁判長は、弁護側が主張する正当防衛を退けた上で、「殴打は1回で、被害者が死亡する可能性は高くなく、偶発的だった」と判断。
荒木被告に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。
弁護側は控訴しない方針です。
 

NBC長崎放送

最終更新:9/13(金) 19:30
NBC長崎放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事