ここから本文です

“プロ仕様”のスマホ、3眼カメラの「iPhone 11 Pro」

9/13(金) 6:01配信

&GP

撮影機能のアップデートがてんこ盛り

Appleは日本時間9月11日、次期iPhoneとなる3モデル「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表しました。9月13日(金)午後9時より予約注文開始、同月20日(金)から店頭販売開始を予定しています。本稿ではiPhone 11 Proシリーズについて、概要を解説していきます。

【詳細画像はこちら】

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは3眼カメラに

iPhone XS/XS Maxの後継に相当するのがiPhone 11 Pro/11 Pro Maxです。画面サイズはそれぞれ5.8インチ/6.5インチで変化していませんが、筐体サイズと重量は少し増えました。

カラーバリエーションは、両モデルともに「ゴールド」「スペースグレイ」「シルバー」に新色の「ミッドナイトグリーン」を加えた4色です。

iPhone 11 Pro/ 11 Pro Maxの最大の特徴は、背面に搭載したトリプルカメラ。超広角カメラが加わり、構成は下記のようになりました。これは両モデルで共通しています。

超広角:焦点距離13mm、1200万画素、画角120度、f/2.4
広角:焦点距離26mm、1200万画素、f/1.8
望遠:焦点距離52mm、1200万画素、f/2.0

また、iPhone XS/XS Maxの望遠カメラはf/2.4だったので、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの望遠カメラではf/2.0になり、40%も明るく撮れるようになりました。

なお、広角と望遠は光学式手ぶれ補正に対応していますが、超広角は非対応です。

3つのカメラの切り替えは意識的に行う必要はなく、シームレスにズームイン・ズームアウト操作を行うだけでOK。異なるカメラモジュールで撮影した写真も統一した見た目と色味に調整されるのが特徴です。

こうした使用感は、さらにパワフルになったチップセット「A13 Bionic」が、リアルタイムに膨大な処理を行うことで実現されています。

1/4ページ

最終更新:9/13(金) 6:01
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事